服部大輔様
北林達也様
福原康夫様
廣瀬芳様
山崎洋様
阿田祐一様
摩須稔様
足立哲也様
北村 志穂美様
山内 貴臣様
大兼久 葉子様
服部 圭司様
井戸 文則様
早坂 憲明様
山崎 美幸様
安藤 幸一様
高橋 正江様
北澤 浩美様
福寿 揚一様
阿部学様
諸見里 ゆかり様
河本慎一様
山本俊樹様
野澤典世様
日野貞義様
斉藤多恵子様
豊田裕美様
大角忍様
岡村恵様
西島清元様
末永弘和様
鈴木多佳子様
北村志穂美様
桑山由起美様
高村英光様
橋本悠史様
黒田正雄様
稲田達也様
西田啓太様
岡村恵様
豊増満雄様
藤村喜隆様
八重樫聡様
山口真美様
岡村恵様
田中大造様
堺健様
齊藤隆様
横山仁様
大伴政示様
前川泰宏様
齋藤努様
鮫島巧様
塚田貫康様
山口若根様
小林浩文様
本郷靖史様
高尾剛司様
山口裕子様
佐々木信哉様
野口幸子様
山下智香子様
音納康宏様
吉田敏様
難波江祐子様
安部和行様
佐藤司様
弘田径子様
阿部学様

(順不同)

当サイト開設からご購入いただきました各位様 深く御礼申し上げます。
感想、質問をコメント、レビューを頂ければ、今後の励みにもなります故宜しくお願い申し上げます。

 

4件のコメント

  1. このところ参政党のサイトを多く見るせいか

    ウクライナ事変に関する報道の流れが変わりつつあるかにみえる、、、

  2. 岸田の対発生した片割れがまだ姿を現さない
    麻生に関連するような気がするが

  3. 中観史観でみれば、岸田総理の「この段階で早くも憂苦來那支援に乗り出した」という事象X伴って必ず存在するのが、対発生した事象Yである。XにもYにもそれぞれそれなりの理由がある。
    ではYとは何であろうか? 
    対発生の相手事象は一つではなく何通りにも存在することを念頭において、Yの内容を洞察し、さらにはxy双方の中間に立って全容を判断するのが中観流洞察史観の要諦である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。